掃除とセルフケアで癒しを得る

あなたは「キレイ」に拘っていますか?「デスク周り」の整理から、「スキンケア」まで、ありとあらゆる要素をキレイな状態にするだけで、自然と「癒し効果」を得ることができるのです。まずは簡単な「掃除」から初めてみましょう。
「プチ断捨離生活」に挑戦
数年前から注目されている言葉に、「断捨離」というものがあります。これは身の回りにある「不要な物」を全て捨てることで、「人生を豊か」にしようという処世術です。相反することを言っているように聞こえますが、物を捨てることは身の回りの整理になるだけでなく、「心の整理」に繋がるそうです。
例えば、「まだ使えるから…」と思い、取っておいた「ゴルフクラブ」があるとしましょう。今では上位モデルを使っているので、そのゴルフクラブを使う機会は殆どありません。しかし、壊れている訳ではないので、使用自体は可能です。
そんなアイテムが、自宅にいくつもあるかと思います。このケースの場合、ゴルフクラブを「売ってしまう」と良いです。さすがに高価な物なのでゴミの日に出すのはもったいないですが、リサイクルショップに持って行けば引き取ってくれます。
重要なのは、「今使わない物は、今後も使わない」ということ。まだまだ使えるアイテムだったとしても、今現在使わない物は、今後使う可能性が限りなく低いのです。そんなアイテムがたくさんあると、自宅内は「不要な物」で溢れかえり、ごちゃごちゃしてしまいます。
「本当に必要な物だけを所有する」ことを意識すれば、あなたも「プチ断捨離生活」を送ることができるでしょう。不要な物を全て処分してしまえば、部屋にスペースができるだけでなく、「心もスッキリ」するものです。
常に「清潔感」を意識して
「整った髭を蓄えている男性」と「無精髭を生やしている男性」がいるとしたら、どちらに「清潔感」があると感じるでしょうか。言うまでもなく前者ですが、「整髪」や「スキンケア」、「無駄毛処理」などの「セルフケア」をすることで、スッキリ爽やかな気持ちになることができます。
特に意識したいのが髭です。私は元々髭が濃く、一日二日放っておくだけで、無精髭のように伸びてきてしまいます。なので、常日頃から髭の生え方を意識し、シェイバーと専用のハサミで整えています。
また、中高年男性こそスキンケアに力を入れるべきです。女性のように色々なことをする必要はなく、風呂上がりに「化粧水」をつけるだけでも十分です。年齢を重ねると皮膚がたるみ、血色も悪くなっていくので、スキンケアで若々しい肌をキープしましょう。
仕事が忙しく、中々プライベートな時間が取れない方も、合間を縫って掃除やセルフケアをするようにしましょう。ちょっと面倒かもしれませんが、自分自身のヒーリングのために続けてみましょう。