直感に従って動いてみるというヒーリング

ふと、「なんか、人生がおもしろくないな~」と思ったことはありませんか。「最近はプライベートもマンネリ化してセックスも楽しくなくなったし、ちょっとED気味だし」「最近は、ぜんぜんやる気もおきないんだよな~」などと考えたり。そして、「最近」っていつからなのだろう? と振り返ってみると、「もう、かれこれ20年前からだ!」などということがあったりするかもしれません。
そんなことを感じてしまったら、少しの時間でいいので、敢えて理性ではなく「直感に従って動く」という体験をしてみるとよいでしょう。
日常生活は義務だらけ
私たちの日々の生活は「義務」で縛られています。会社に行くことも義務ですし、子どもをしつけるために叱ったり、奥さんのご機嫌取りのためにたまにはどこかにレジャーに連れていったりプレゼントをしたり。人によっては、夫婦生活が義務だ、と感じている人もいるかも知れません。40代になれば勃起力も弱まって、セックスまでも義務的なものになっている場合もあるでしょう。
会社では部下に対して威厳を保たなければなりませんし、上司にはこびへつらわなければなりません。普通に生きているだけでも、義務に包囲されています。そんな生活をしていると、本来の自分がどんな人間だったのか見失いがちになるものです。「人生に飽き飽きしちゃったな」と感じているなら、時には直感に従って過ごしてみるのもよいかも知れません。誰にも何にも縛られない時間を過ごせば、心の自浄効果があるはずです。
いつかの間、何も考えない散歩をしてみましょう
直感に従うといっても、大げさなことをするわけではありません。何も考えずに、近所をブラブラと散歩してみるだけでいいのです。ふだん歩き慣れた場所ではなく、あまり歩いたことのない方向へ進んでみます。特に何かをめざしたり、考えたりすることなく、どこをどう曲がるとか、道に迷ったらどうしようとか、何時間までに帰ろうとか、そういうことをまったく考えないで歩きます。
時計や携帯ももたずに出る方がいいでしょう。お金は持って出た方がベターです。頭の中を空っぽにして漠然と歩いていいて、何か気になるものを見つけたら、それについて考えてみればいいのです。「こんなところに、変わった建物がある」「ここから見る空はきれいだな」「こんな家に住みたいな」というように、感じたままに結論も出さない思考をするだけです。
道に迷ったら誰かに尋ねればいいだけです。できれば、きれいな女性を探して尋ねましょう。きっと心がうきうきするはずです。場合によっては、「お茶でも」などと誘ってみてもいいかもしれません。利害関係のない赤の他人と話す機会などめったにないものです。見ず知らずの異性とコミュニケーションすることで、長年連れ添ったパートナーとの関係が新鮮さを回復することもありますから、ED気味だったのが、少しは改善するかもしれません。もし身体がついてこないなら、バイアグラなどのED治療薬の助けを借りればいいだけです。義務感からではなく、欲求に突き動かされてセックスをするのが大切なポイントです。
毎日がつまらないな、と感じたら、とにかく何も考えずに散歩してみましょう。漠然とただ歩いてみれば、それだけでヒーリングになるのです。