仕事のパフォーマンスが上がる

仕事がデキる男になりたいなら、休日は遊んでストレス解消をするようにしましょう。的確にヒーリングをすることで、仕事の効率が驚くほど跳ね上がり、毎日定時で退社することができるようになります。
ストレスが仕事のパフォーマンスを低下させる
あなたは今現在、自覚できるほどのストレスを抱えているでしょうか。毎日清々しい気持ちで出社している人は、多くがストレスを抱えていないでしょう。それに対して、風邪を引いている訳でもないのに「身体がダルい」、「会社に行きたくない」、「何もしたくない」という方は、多大なるストレスを抱えているかもしれません。
ストレスを感じている内は、何をやってもうまくいかないものです。失敗が失敗を呼び、自分では気がつかない内に、悪循環にはまっています。仕事はもちろん、人間関係もうまくいかなくなるでしょう。過度なストレスは人間にとって「毒」であり、抱えても良いことはありません。
「最近仕事がうまくいかない…」と頭を抱えている方は、ストレスがその状況を作り出している可能性が高いです。なので、思い切って休暇を取り、「自分がやりたいこと」に熱中してみましょう。海外旅行でも良いですし、積み重ねていたDVDを観るのも良いでしょう。それらの行動がヒーリング効果をもたらし、ストレス解消に繋がります。
ストレスさえ無くなれば、仕事のパフォーマンスが向上するはずです。毎日の残業から解放され、自分の時間をしっかりと確保できるようになります。終わらせるべき仕事をさっさと終わらせ、プライベートを充実させている人こそが、本当の意味で「デキる男」なのです。
ヒーリングを自分の「ご褒美」とする
例えば、「毎週日曜の夜は銭湯に行く」という自分のルールを作ったとしましょう。銭湯は身体の疲れが取れるだけでなく、リラックス効果があるので、心の休息にもなります。私も30代の頃、毎週のように近所の銭湯に足を運んでいました。それが週末の楽しみだったので、どれだけ仕事が忙しくても、それが苦痛にはなりませんでした。
この「銭湯に通う」という習慣を作ることが意味を持ちます。「銭湯=自分へのご褒美」という意識付けができるため、銭湯に行ける日曜日に向けて、一生懸命働くようになるのです。銭湯を心から楽しむために仕事は持ち帰らない。そう考えるだけで、仕事に対するモチベーションと効率が一気に向上します。
もちろん銭湯だけでなく、スポーツや飲み会、旅行など、ヒーリングとして習慣化させるものは何でも良いです。大切なのは「この後にはご褒美が待っている」ということを認識すること。仕事のパフォーマンスを上げたい方は、休日こそ一生懸命遊ぶことをオススメします。ヒーリング効果によって、日頃から溜めているストレスを吹き飛ばしてしまいましょう。