ストレス・癒しと共に生きる

世の中には、たくさんの辛いこと、嫌なこと、腹立たしいことがあります。そのすべてを受け入れて、ろくに発散もせずに暮らしていては、いつか必ず精神がパンクしてしまうでしょう。「癒し」は、窮屈な社会生活を強いられる日本の現代人に、欠かせないファクターだと思います。きっと「癒し」がない世界では、人は生きていくことができないでしょう。
インフラは充実している、後は…
「出会いがない」「癒しがない」…この豊饒な世の中で、そんな弱音を吐く人もたくさんいるようです。確かに人によっては、「出会い」を得るのは難しいかもしれません。しかし「癒し」のための施設は、そこら中に充実しています。風俗も、エステも、接骨院も、温泉もパワースポットも…。工夫さえすれば、自宅の中でも「癒し」を得ることは可能です。
癒される機会は、すぐそこにあります。必要なのは、そこへ踏み込んでいくちょっとした勇気だけです。社会を生きるためには、精いっぱい仕事をこなすだけでは不十分です。「癒し」のために感情を奮い立たせることも、ときには必要ではないでしょうか。
今日の辛さは置いていく
その日あった辛いこと、嫌なこと、腹立たしいことは、なるべく当日中に解決したいところです。胸に重たいものを抱えてベッドに潜りこんでも、安眠できるはずもありません。仮にその日はうまく眠れたとしても、蓄積されたストレスは如実に精神をむしばんでいきます。
癒しスポットを利用して、その日の屈託はその日のうちに処理するクセを付けておきましょう。日本人はただでさえ「溜め込みやすい」人種だと言われています。そこへ、このストレス社会です。無理をすると、自分で思うよりも早く破滅が訪れるかもしれません。
だから明日も頑張れる
きっと明日も、蔓延するストレスから逃げることはできないでしょう。日本で生きるというのは、そういうことです。しかし、1日ごとに精神をリセットしておくと、並大抵のストレスでは挫けないようになります。社会をサバイブするためには、ストレスとの上手な付き合い方を知ることも大切。そう、つまり「癒し」についての深い知識が欠かせません。
「癒し」は「怠け・逃げ」ではありません。頑張った自分への「ご褒美」であり、明日を生き抜くための「戦略」です。そのストレス、放っておいて、本当にいいんですか?